スムージーはコップ1杯ほどでたくさんの種類の生野菜を摂ることが出来ます。

スムージーでカンタン栄養補給!

 

スムージーの良いところといえば、やはりたくさんの種類の生野菜をコップ1杯ほどで摂る事ができるところにあります。
野菜の栄養素は加熱や酸化により劣化してしまうものも多いため、生のまま摂取するのがよいものもたくさんあります。しかしサラダばかりを大量に食べるのは、なかなかつらいものです。

 

3種類のスムージー

厚生労働省が推奨している野菜の摂取量は350~400gとなっています。
これは両手に山盛り1杯ほどの野菜を食べましょう、という事なのです。
この量の野菜をきちんと摂取するためには、スムージーにしたほうが簡単ですよね。
また、野菜が嫌いな方でも果物などを足してスムージーを作る事で、飲みやすくする事が出来ます。

 

野菜をスムージーにして摂取すると、野菜に含まれているたくさんの食物繊維を摂取する事ができるので、腸内に溜まった老廃物をスムーズにデトックスする事が出来、お通じを良くする事が出来ます。

 

そして腸内環境も良くする事が出来るので、健康状態を良く保つ事が出来たり、肌荒れを改善し、美肌効果を得る事が出来ます。
スムージーはにはたくさんの栄養素が含まれているので、少量でも満腹感を得る事が出来ます。そのためダイエットなどに利用するのもおすすめです。

 

スムージーの欠点としては、いつも新鮮な野菜をたくさんスムージーにしようとすると、どうしてもコストがかかってしまうこと、ミキサーやジューサーを使用するので洗うのが面倒臭い、作りおきが出来ない、といったところです。

 

しかし、体のことを考えるのであれば、やはりスムージーはとてもよい飲み物だと言えます。
また、どうしても面倒な方には、粉末のスムージー飲料になった状態のスムージーが販売されているので、そちらをお試ししてみてはいかがでしょうか?