朝食を食べる時に摂っておきたい食材とは

朝食に好ましい食材

 

朝食を摂る事は、一日のスタートを切る為に必要な事ですね。
ですが、何でも良いから摂るのでは栄養の偏りになってしまいます。

 

望ましい朝食は、主食に炭水化物、お魚や豆腐や豆類など良質のタンパク質、
お野菜から摂れるビタミン、ミネラル、などなど、栄養バラン良く食べるのが望ましいです。

 

朝食は夕食よりもしっかり栄養バランスの考えた食事が必要になります。
何故なら、これから身体が行動し始めるからです。

 

しかし現実は、パンだけは用意できるけど、他は作れないとか、
ご飯だけは炊くけどおかずを作る時間がないと言った主食は用意できても
肝心の栄養のバランスは考える暇がないと悩んでいる方も多いと思います。
主食のほとんどはエネルギーに変わるので、朝には必要な栄養素になりますが、
普段から取りすぎると、コレステロールや脂肪が溜まり、生活習慣病になりやすくなります。

 

なので、炭水化物だけを食べるのは良くないのです。

 

お野菜も沢山の種類を摂りたいのですが、中々材料を揃えるのも大変ですよね。
まして人数が少ない家族でしたら、お野菜を揃えただけで、結構なお値段になってしまう。
また、材料が多すぎて食べきれず、腐らしてしまって捨ててしまうなど、
経済的にも高上がりになる事があります。

 

そんな時に、栄養のバランスを考え主食だけ用意し、ビタミンやミネラルなど豊富に摂り入れる為
青汁は朝食にいいのです。。

 

青汁にも、種類があるので、粉末なら何かと割って飲むことも出来ますし、
飲み物が苦手な方には、錠剤で摂ることも出来、青汁を朝食に一緒に摂る事で必要な栄養を摂ることが出来ます。

 

食物繊維も青汁を飲むことで摂取出来ますので、
便秘などにも効果がありますので、朝からスッキリして、一日をスタートすることが出来ます。

 

朝食に望ましい食材を青汁で補えるのはありがたいですよね。
ただし注意点は、栄養がしっかり身体に届くので、摂り過ぎには気をつけてくださいね。
沢山摂ったからといって、とった分だけ健康になるわけではなく、
必要な分量の栄養を必要なだけ摂ることが大事です。

 

自分はバランスが悪いなと感じているなら、是非青汁で栄養を補って見てください。