パンやご飯など噛める食材を使った朝食と一緒に摂るようにしましょう。

朝食にスムージーのみはNG

 

スムージーは色々な野菜を簡単に手軽に摂る事が出来るので、自分で作って飲んでいる方も多いのではないでしょうか?
特に朝食代わりにスムージーを作って飲んでいる方も居る事と思います。

 

しかし、朝食代わりにスムージーだけを飲んでいるとNGだということをご存知ですか?
なぜ朝食代わりにスムージーだけを飲んではいけないのでしょうか?

 

バツ印を作る女性

 

朝のスムージーのみは老化を招く

朝食にスムージーのみで済ませてしまうと「飲む」だけで「噛む」という行為をしなくなります。
「噛む」という行為は、若返りホルモンである「パロチン」を分泌させます。

 

このパロチンが最も分泌されやすい時間帯は「朝」なのです。
そのため、「朝食をしっかり摂る」という行為は「老化を防ぐ」という行為につなげる事ができるのです。

 

また、朝の寝起きの状態に冷たい飲み物を飲んで体を冷やしてしまうと、体の基礎代謝を悪くしてしまいます。
朝スムージーを飲む場合には、パンやご飯など噛める食材を使った朝食と一緒に摂るようにすることや、冷たいスムージーではなく、常温にしたスムージーや体を冷やさないしょうがなどの野菜を使用したスムージーを飲用するようにしましょう。

 

朝のスムージーは日焼けを促進させる可能性がある

スムージーによく使われる野菜の中には「光毒性物質」である「ソラレン」が含まれているものがあります。
ソラレンとは紫外線への過敏性を上げる性質があり、紫外線の吸収率を高めてしまいます。

 

すると肌が紫外線に当たる事と日焼けしやすい状態になってしまい、シミやソバカスの出来やすい肌の状態になってしまいます。
そのため、日に当たりやすい朝にスムージーを飲むのではなく、夜にスムージーを飲むようにしたほうがよいでしょう。