他の国と日本の朝食の違いをみてみましょう

世界の朝食風景

 

日本では毎日忙しく朝食を取る人が少ないようですが。
世界では、朝食は大切にしているようです。

 

朝食に限らず、家族で食事を摂ることを心がけているようで、日本人は仕事が忙しく、
中々皆が揃って食事は難しいところですね。

 

オーストラリア人と一緒に数ヶ月暮らした時も、とにかく肉も食べますが、それ以上に野菜を沢山食べます。

 

それも、生のままでドレッシングもかけずに野菜本来の味を楽しむ為に、ドレッシングはかけないそうです。

 

そんな風景に国によって食生活は違うんだと感じました。

 

もちろん日本食も大好きなようで、お魚も食べますし、お寿司も食べますが
必ずお野菜が数種類揃ってないとダメなようで、毎日、人参スティック、パプリカ、レタス、きゅうり、
ブロッコリーなどなど揃えるのが日本人の私には結構大変でした。

 

そうした食事のせいだと思いますが、肌がとても綺麗でした。
やはり、野菜が人間の身体に大事な栄養素なんだと気付かされる時でした。

 

世界中の朝食には、お野菜が必ず揃えられています。

 

そんな事を考えると日本には栄養補助があり、青汁ってイイんですね。と再確認できました。
無理やり食べなくても、お野菜そのまま摂取出来ますからね。
それも簡単に取れますから、健康のためには毎日摂取したいですね。

 

日本人は野菜を摂らない国だと思います。
それは、料理の種類にもよると思います。

 

単品料理を食べるとそれだけで済ませて、野菜を作るという面倒なことをしなくなるのです。

 

そんな時は青汁を味方に付け、健康に気をつけたいですね。