朝食を摂らないと身体に不具合が起きることも

朝食を摂らないことによる不具合

 

皆さん最近なんとなく体調が優れないとかありませんか?
毎日起きたらすぐに動けますか?
朝おきても疲れが取れてないなんて感じた事はないでしょうか?

 

どこがどうとかはなくても、なんとなく優れない事が続いている方、朝食は摂っていますか?

 

朝食を摂る事は健康に良いの言われています。
朝食を摂らないと、朝目覚めても脳が起きてくれないので、働いてくれないし、きちんと栄養を摂ってないので、
動くための栄養が身体に回ってくれないです。

 

また、朝食を摂らないと、まだ眠っているように腹時計が動いてくれず全て乱れた時間になっていくのです。

 

どこが悪いというわけでなく、なんとなく不都合が生じている感じは
朝食をとって栄養が行き渡ると、消化吸収に働き出し、脳が目覚め目も覚めてスッキリとした身体になります。

 

元気に動くために必要な朝食をとにかく毎日摂りたいですね。

 

慣れてないと、中々すぐには食べれるものでもないので、
そんな時は、栄養だけでも補給する意味で、栄養価の高い青汁で脳と身体を目覚めさせるのも方法です。

 

脳や身体に、「朝ですよ。これから行動をします。」という事を朝食で教えるようにするのです。
自律神経が勝手に働いてくれるように、青汁を毎日朝食の時に摂るようにすると、
目覚めが良くなり、スッキリとして行動も出来るようになるのです。

 

朝食を摂らない事で不都合が出始めると、毎日優れない気分で過ごすことになりますので、
自分に合う飲みやすい物を選んで飲むようにして、笑顔で過ごせると良いですね。

 

また、体調が優れないまま運転したり、外を歩いていると、注意散漫になり、交通事故を起こしてしまったり、被害者になってしまう可能性もあります。意識をしっかりと保つためにも、朝食はしっかりと摂るようにしましょう。