朝食で摂ると効果を発揮しやすい栄養素とは

朝に摂りたい栄養素

 

朝食に必要となる栄養素で、一番必要な栄養素は、大豆などに含まれる良質なタンパク質(イソフラボン)です。
寝ている時にはリラックスしていた脳の神経も、
目覚めと共に、ストレスのホルモンが活発になる為、それを穏やかにする為に
タンパク質(イソフラボン)を摂ることが有効とされています。
イソフラボンなどはリラックスさせる効果があるようです。

 

また、身体も寝ていて体温など低くなっているのを、活動しやすい体温上昇にさせなくては動きが鈍いです。

 

朝食に好ましい食材として緑黄色野菜も身体の抵抗力のために、必要なのですが、
生の野菜のままでは朝の体温の低い時に摂ると、かえって身体を冷やす事になり、体温が中々上がらないので、
そんな時の強い助っ人で活躍してもらいたいのが青汁です。
青汁を朝食のお野菜の代わりに摂ることで、下がっている体温を上げるのにも差し支えありませんし、
青汁なら緑黄色野菜をふんだんに、また簡単に摂取出来るので、朝食時にはありがたいです。

 

青汁に含まれる緑黄色野菜のビタミンには、活性酸素を防ぐ作用があるため、肌が錆びないなど、
身体には悪いものを防いでくれます。

 

やはりあらゆる病気の予防にはビタミン、ミネラルが必要と言われているように、
青汁にはビタミン、ミネラルが豊富なので、そう言った病気の予防には欠かせない栄養素を摂ることが出来ます。
また、沢山の種類の野菜が簡単に摂取出来、健康で過ごせるのが嬉しいです。

 

摂取には寝る前の夕食よりは、朝食に摂る事で、品質の良い青汁や、他の栄養素も発揮を大きくします。

 

せっかく摂取するのだから一番発揮能力の大きい時間帯に摂る事をおすすめします。